忍者ブログ
ぼそっと。映画の話、本の話。
<< 03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
[104]  [103]  [102]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


警察官僚として浅間山荘事件などの指揮をとり、
政界に転身後には、中曽根内閣で官房長官に就任し、
中曽根内閣を支えた後藤田正晴さんの伝記です。

著者は、ノンフィクション作家の保坂正康さんです。


旧内務省出身で、戦争を経験している後藤田氏。
戦後、旧内務省の解体後は主に警察官僚として、
キャリアを積んでいきます。

混乱の時代、治安の維持を第一にし、
浅間山荘事件などの指揮を執ります。

退官後は政界に転身し、政治家としての
第二の人生を歩んでいきます。

政治家としての後藤田さんの活躍、
その影響力の大きさは衆知のところです。

日本の政治史においても最も有名で、
実力のあった官房長官だと思います。


自分が政治に関心を持ち始めた頃には、
すでに自民党の重鎮として有名でした。


再読してみて、改めて偉大な人だなぁ、
と感心しました。尊敬します。

何より強い芯を持った人である、
ということに魅力を感じます。


伝記なので当然に肯定的な視線で、
同氏の半生を描いていると思います。

とは言え必要以上に賞賛するような
内容ではなっていないと思います。

むしろ、在任中は“タカ派”などの
レッテルを貼られ、強面のイメージが強い
後藤田さんの人物像をより親しみやすく、
伝えていると思います。



保坂正康[2008]『新編 後藤田正晴 異色官僚政治化の軌跡』中央公論社、中公文庫。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ スポンサーリンク
★ カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
★ 【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]
  naohito

[Blogタイトル]
  映画の話、本の話。

[今、見てる人]


[カウンター]


[忍者サイトマスター]
★ スポンサーリンク
★ スポンサーリンク


★ バーコード
★ 【Link】
★ ブログ内検索
★ 最新CM
[10/18 かわ]
[09/13 マルコ]
★ スポンサーリンク


Copyright (c)映画の話、本の話。 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]