忍者ブログ
ぼそっと。映画の話、本の話。
<< 02  2017/03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    04 >>
[109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [100
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


奥田英朗さんの小説を読みました。

奥田さんの小説を読むのは、これが初めてです。


ジャンルで言えば、クライム小説(犯罪小説)…

そういうジャンルが確立されいるのか
知りませんけど。あしからず。

耳に齧ったところによると、
海外ではけっこう多いみたいです。

ノワールとも呼称されるジャンルです。

ノワールと言えば、『不夜城』で有名な
馳星周さんが日本では代表的な作家さんです。

(ノワールって暗黒小説と訳されたりするので、
微妙にジャンルが違うのかも知れません…。)

最近、増えてきているとは言え、
やっぱ日本では道徳観からか、犯罪者を
主人公に据えるのは主流になりにくのかな…

と思ったりします、
個人的には好きなジャンルなのですが。


もとい、『最悪』は普通の人達が犯罪に
転がり落ちていく…という小説です。


中小企業の社長、OL、その日暮しのチンピラ、

とそれぞれ生活環境が全く違う3人の
人生が思ってもみなかった状況で交錯し、
「最悪」の運命に弄ばれるように、
犯罪に巻き込まれていきます。


それぞれに止むに止まれぬ事情があって、
それぞれに必死に抗おうとしてもかなわず…

「最悪」の場所に墜ちていく。


犯罪をしてくてする人ってなかなかいないと思います。
それでも、犯罪は起こってしまう…犯してしまう。

その理由や背景をつきつめようとする、
時に“人間の性”に焦点をあてる、

クライム小説の面白さを分かりやす
示している作品だと思います。


正直、ストーリー・テリングの上手さで
カバーしてるものの、随所で垣間見える
ストーリーの荒っぽさは否めないです。

でも、一気に読ませる力のある作品です。


ぶ厚めの文庫本ですが、あっという間に
ページが進む作品でした。



奥田英朗[2002]『最悪』講談社、講談社文庫。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ スポンサーリンク
★ カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
★ 【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]
  naohito

[Blogタイトル]
  映画の話、本の話。

[今、見てる人]


[カウンター]


[忍者サイトマスター]
★ スポンサーリンク
★ スポンサーリンク


★ バーコード
★ 【Link】
★ ブログ内検索
★ 最新CM
[10/18 かわ]
[09/13 マルコ]
★ スポンサーリンク


Copyright (c)映画の話、本の話。 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]