忍者ブログ
ぼそっと。映画の話、本の話。
<< 08  2017/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    10 >>
[109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


大沢在昌さんの「狩人」シリーズの
最新刊を読みました。

『北の狩人』『砂の狩人』、そして本作
『黒の狩人』へと続く「狩人」シリーズですが、
その特徴として、シリーズに共通して出てくる
キャラクターが脇役的な存在であった、
ということがあります。

新宿署の刑事・佐江がそのシリーズで共通する
キャラクターなのですが、先の2作では特徴的な
キャラクターとしては描かれているものの、
準主役程度の脇役としての存在していました。


しかし、本作ではその佐江が主人公の一人として、
謎の多い中国人協力者と外務省の美人職員とともに、
物語を通して活躍します…というか、
佐江は様々な思惑の中、振り回され続けます。

主役になっても、佐江の貧乏くじをひかされる
展開というのは変わらないみたいです(笑)。


本作は、中国人を被害者とした連続殺人事件が
発端となります。

職業や出生の異なる被害者達だったが、
共通して謎の刺青を彫られていた。

佐江は、上層部からあてがわれた中国人の
捜査補助員とともに捜査にあたることになる。

謎の多い中国人の捜査補助員、さらには、
外務省の職員である由紀が加わり、
佐江達は事件の真相に迫っていく。


次々と話が展開していき、どんどんと読み進める
ことができるのは、大沢さんの作品の特徴です。

息をつかせない展開のなか、別々に進行していた
話が一つの線につながっていきます。

途中、登場する中国人の名前と関係性が
こんがらかってしまい(苦笑)、誰が誰やら
分からなくなってしまったりもしましたが…

「狩人」シリーズの中では、最も面白い
作品だと思いました。


ただ、帯にあった“「新宿鮫」と双璧をなす"
というフレーズには同意できません。

「新宿鮫」には及ばないかと。



大沢在昌[2011]『黒の狩人(上)』新潮社、新潮文庫。
大沢在昌[2011]『黒の狩人(下)』新潮社、新潮文庫。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ スポンサーリンク
★ カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
★ 【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]
  naohito

[Blogタイトル]
  映画の話、本の話。

[今、見てる人]


[カウンター]


[忍者サイトマスター]
★ スポンサーリンク
★ スポンサーリンク


★ バーコード
★ 【Link】
★ ブログ内検索
★ 最新CM
[10/18 かわ]
[09/13 マルコ]
★ スポンサーリンク


Copyright (c)映画の話、本の話。 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]