忍者ブログ
ぼそっと。映画の話、本の話。
<< 03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
[99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


第144回芥川賞、もう一つの受賞作…
むしろ、こっちの方が本命だった作品です。

朝吹真理子さんの『きことわ』を読みました。


選考委員の圧倒的多数が支持した作品だそうです。

巧みな技量をベースに五感にうったえる作品で、
現代アートを感じさせるような作品だと思いました。

夢と現実、現在と過去を行ったり来たりする作品。

優れた文学作品は、その世界を読み手に
立体的に体験させることができます。

さらに、本作は時間軸を取り込むことで
4次元的な視点を組み込むことに
成功していると思いました。

個々の文章はとっても、とっても作り込まれています。


ただ、個人的にはあまり好きではない類の
作品だなぁと思いました。失敬。

優れた作品だとは思うのですけど。

それぞれの文章からも作者のこだわりが感じられる
ことなど、優れているとは思いますが…

それが逆にあざとく感じられてしまいました

また、どうしても退屈な感が否めませんでした。


本作の好き嫌いというよりは、この類の作品が
あまり得意ではないということだと思います。

良し悪しより、好みの問題ということ。



朝吹真理子[2011]「ときこわ」『文藝春秋』文藝春秋、pp.390-443.
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ スポンサーリンク
★ カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
★ 【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]
  naohito

[Blogタイトル]
  映画の話、本の話。

[今、見てる人]


[カウンター]


[忍者サイトマスター]
★ スポンサーリンク
★ スポンサーリンク


★ バーコード
★ 【Link】
★ ブログ内検索
★ 最新CM
[10/18 かわ]
[09/13 マルコ]
★ スポンサーリンク


Copyright (c)映画の話、本の話。 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]