忍者ブログ
ぼそっと。映画の話、本の話。
<< 10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


東野圭吾さんの小説を読みました。

2009年に映画化もされているよう
(…帯で知りました)なので、
知っている人も多いかと思います。


重く切なく、心が揺さぶられる小説です。


少年犯罪を被害者の側から扱った作品です。

-----あらすじ-----

普通の会社員である長峰は、
妻を失ったものの、唯一の肉親である
一人娘の絵摩と暮らしている。

思春期にある絵摩は、長峰にとって
理解をできない年代でもあるが、
最愛の情をそそぎながら、
毎日を過ごしていた。

しかし、花火大会の日。長峰は、
絵摩と連絡がとれなくなってしまう。

そして、数日後、絵摩は死体と
なって発見される。

しかも、絵摩はレイプされうえに、
殺害され遺棄されいた。

あることから犯人の存在を知った
長峰は、復讐にかりたてられていく…。

----------------------


まず殺人事件などの犯罪に突然、
巻き込まれてしまった被害者の遺族の
心情って…と思わずにはいられません。

小説内でも、幾人もの人たちが
復讐に急激に傾斜していく主人公に、
共感の気持ちを抱いていきます。

そして、読んでいる自分も。


十分に想像し難いことですし、
したくないことですが…。

もっと複雑な感情が渦巻くだろうし、
あるいは全く感情さえ、
沸いてこないのかも知れません。


ただ、長峰の感情は必ず生じる
その中の一片なんだろうと思います。


また、この小説は少年犯罪を
取り扱っています。

少年法について扱った本は、
小説に限らず数多くありますが、
それらを読むたびに考えさせられます。

そして、自分の中で答えが出ないテーマです。


この小説を読んで、改めて考えさせられました。

結論でないですけど。


逃げ場のない哀しさと虚しさ、怒り…

苦しみ続ける長峰と共に、
大切なことを考えさせる小説です。



東野圭吾[2004]『さまよう刃』角川書店、角川文庫。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
遺族の想い
小説「さまよう刃」を読みました。 著書は 東野 圭吾 娘を犯され 殺された父親 密告により犯人を知り 復讐をしようとする 警察もそれを追うのだが・・・ さすが 安定した面白さ、読みやすさですね 東野圭吾作品は 遺族が復讐してもいいのか、遺族の想い 少年法の意味...
URL 2011/04/12(Tue)09:25:24
東野圭吾『さまよう刃』
さまよう刃朝日新聞社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『さまよう刃』を紹介します。レイプの挙句に殺された娘の敵をとるために、父親(長嶺重樹)は娘を殺した少年を殺そうと策略し、それを実行しようとする物語である。要するに、復讐殺人をしようとしている...
URL 2011/04/12(Tue)19:33:13
★ スポンサーリンク
★ カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
★ 【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]
  naohito

[Blogタイトル]
  映画の話、本の話。

[今、見てる人]


[カウンター]


[忍者サイトマスター]
★ スポンサーリンク
★ スポンサーリンク


★ バーコード
★ 【Link】
★ ブログ内検索
★ 最新CM
[10/18 かわ]
[09/13 マルコ]
★ スポンサーリンク


Copyright (c)映画の話、本の話。 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]