忍者ブログ
ぼそっと。映画の話、本の話。
<< 05  2017/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    07 >>
[91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [82]  [81]  [80
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


久しぶりに映画館に行ってきました。

今年は全然、映画館へ行けなかったなぁ=3


観たかった映画は今年も数多くあったのだけど、
見逃してしまった映画が大半で(>_<)

今年のちょっとした心残りです…(T_T;


もとい、『最後の忠臣蔵』を観てきました。

初の日米同時公開の邦画ってことで、
ちょっと話題になった映画です。

結局、英語タイトルでトラぶったらしく、
その同時公開はかなわなかったみたいですが。


内容としては、池宮彰一郎さんによる
同名小説(←…知らないケド)を、
『北の国から』の杉田成道監督が
映画化した、というもの。

(↑観賞後に知ったうんちく。)


“忠臣蔵”で主君の仇討ちを果たし、
自害して一躍、“武士の鑑”として
庶民のヒーローとなった赤穂浪士。

本作は、その16年後。

赤穂浪士でありながら、
生き残った二人の武士の話。

一人は討ち入り後、そして、
もう一人は討ち入り前に、
それぞれ“使命”を与えられて、
苦難のなかを生き延びていた。


“忠臣蔵”そのものではなく、
その亜流(スピン・オフ)といった
ストーリーです。



久しぶりの映画館で
わくわくしていました、

が。

映画が始まってから数分、
とっても嫌な予感が…

辟易しているタイプな邦画かも、と。

まるで絵に描いたようだけど、
実際には不自然な映像。

ベタな、というか各シーンに解説が
ついているようなタイプの映画。

“ベテラン(時に巨匠)”と呼ばれる
邦画監督が作る苦手なタイプの映画かも、
って思いました。


そんな初印象はある意味、正解で、
ある意味、間違ってました。

なんかどっかで観たことあるなぁ、
っていう映像が多くて陳腐な感じは
最後まで否めませんでした。

斬新さは全く感じないままでした。


ですが、この映画はお薦めできます。

とっても“切ない”んです。


各登場人物が抱える“思い”が
届くようで、届かない。

届いても答えられない…。

そんな“心の距離感”みたいなものに
とっても切なくされてしまいました。


映像が陳腐、くどい…

ってディスる方向に傾いていたくせに、
二回くらい泣きそうになりました。

…不覚(苦笑)。


使命や宿命(さだめ)といったことを
テーマにした、切ない映画だと思います。



『最後の忠臣蔵』
監督;杉田成道、原作;池宮彰一郎、
出演;役所功司、佐藤浩市、桜庭みなみ、安田成美、他。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ スポンサーリンク
★ カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
★ 【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]
  naohito

[Blogタイトル]
  映画の話、本の話。

[今、見てる人]


[カウンター]


[忍者サイトマスター]
★ スポンサーリンク
★ スポンサーリンク


★ バーコード
★ 【Link】
★ ブログ内検索
★ 最新CM
[10/18 かわ]
[09/13 マルコ]
★ スポンサーリンク


Copyright (c)映画の話、本の話。 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]