忍者ブログ
ぼそっと。映画の話、本の話。
<< 05  2017/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    07 >>
[92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [82]  [81
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


年末から年始にかけて、
読んでいた本です。

曽根圭介さんの作品です。
第53回江戸川乱歩賞受賞作。

内容は、現職の国会議員に中国のスパイが
いるという情報をもとに、警視庁の外事課が
極秘に捜査を始めるが…

捜査線上に浮かんだのは、次期総裁としての
期待もかかる保守・タカ派の政治家・
芥川健太郎だった。

独自に捜査を進める捜査員・不破であったが、
内外から様々な妨害を受けることになる。


という、年末年始には全くそぐわない
陰謀渦巻くスパイ小説でした(苦笑)。

現職の国会議員にスパイがいる、
という設定がまずわくわくさせます。

いったい誰が味方で、誰が“モグラ”
(=スパイ)なのか。

二転三転する展開は、スリリングで
読み応えのあるものでした。


本書の帯に書いてあった

“乱歩賞史上最高の公安警察ミステリー!”

という表現もあながち大袈裟ではないな、
と思いました。

面白かったです。



曽根圭介[2010]『沈底魚』講談社、講談社文庫。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ スポンサーリンク
★ カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
★ 【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]
  naohito

[Blogタイトル]
  映画の話、本の話。

[今、見てる人]


[カウンター]


[忍者サイトマスター]
★ スポンサーリンク
★ スポンサーリンク


★ バーコード
★ 【Link】
★ ブログ内検索
★ 最新CM
[10/18 かわ]
[09/13 マルコ]
★ スポンサーリンク


Copyright (c)映画の話、本の話。 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]