忍者ブログ
ぼそっと。映画の話、本の話。
<< 05  2017/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    07 >>
[88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


立花胡桃さんによる著作の
本を読みました。

胡桃さんの半生の綴った自伝という
内容になっています。

ただし、脚色を加えているので、
ノンフィクションとは違うみたいです。

(↑後書きより)。


高校時代の苦い経験を克服するため、
キャバ嬢となった主人公の瞳。
瞳は店を転々としながらも、
次々と店舗のNO.1へと上り詰めていく…

そして、瞳は「胡桃」へと名前を変え、
ついに新宿・歌舞伎町へと進出する。


という話。

これは立志伝だと思いました。

女性が主人公の立志伝は少ないですし、
キャバ嬢が主人公というのは、
まだほとんどないと思います。

そういう意味で新しく、
また、キャバクラという舞台も
非日常的で魅力の多いところだと思います。

それに、胡桃さんの文章が小気味良く、
スリリングな展開を楽しみながら
一気呵成に読み切ってしまいました。


胡桃の生き方がどうなのか…

ということについて、受け止め方は
人によって様々だと思われますが。

自分としては、“キャバ嬢”という職業も
過酷なんだぁとそっちに興味がいきました。


とはいえ、キャバ嬢が高校生などの
憧れの職業になっているのは、

“それは、ちょっと違うでしょ”

って思いますけど(-_-;


それと、実際のキャバクラには
今のところ、あんま興味ないのですが、

(“太客”になる財力もないですし、苦笑)

自分はころっと騙されやすい客かもなぁ
なんてことを思ってみたり。


などなど。

半生を綴った本書への感想としては、
不適切かもしれませんが…
エンターテイメントとして読むには
面白い本だと思います。



立花胡桃[2010]『ユダ 〈上〉』幻冬舎、幻冬舎文庫。
立花胡桃[2010]『ユダ 〈下〉』幻冬舎、幻冬舎文庫。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ スポンサーリンク
★ カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
★ 【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]
  naohito

[Blogタイトル]
  映画の話、本の話。

[今、見てる人]


[カウンター]


[忍者サイトマスター]
★ スポンサーリンク
★ スポンサーリンク


★ バーコード
★ 【Link】
★ ブログ内検索
★ 最新CM
[10/18 かわ]
[09/13 マルコ]
★ スポンサーリンク


Copyright (c)映画の話、本の話。 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]