忍者ブログ
ぼそっと。映画の話、本の話。
<< 03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
[85]  [84]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


一度(…ん、二度かな)、
読んだことあるのですが…

内容を全く思い出せなかったので、
再読してみました。


宮部みゆきさんの作品です。
“第41回 吉川英治文学賞受賞作”です。

『誰か・・・ Somebody』の続編となるものです。


もちろん、前作の同小説の内容も
思い出せず…(・_・;A

忘れているついでに、
前作から読み直そうかとも
一瞬、思いましが。

まぁ何か義務っぽくなる
気がしたので、直でいきました。


読み進めるにつれて、
フラッシュバックのように其処此処の
シーンが蘇ってきました。

デジャブのような、
予知能力がついてような…

(苦笑)。


内容は…と今回は語ることはせず、

裏表紙(!?、表紙の折返部分)にある
「著者のことば」を引用しちゃいます。


「前作『誰か」では、ささいなことからある家族の秘密に触れてしまった主人公・杉村三郎ですが、今回は大きな犯罪に接近遭遇してしまい、素人探偵ぶりが板につかないまま、事件のなかを右往左往することになります。私自身はひそかに〈昭和名曲歌謡シリーズ〉と名付けているこの二作目、今回は『丘を越えて』です。物語の終盤、ご存知の方には一緒に口ずさんでいただけると、いっそう嬉しく思います。」


↑これ、なんか読みたくさせる前書きですよね。

この時点でさすがッ、
と感心してしまいました。


ちなみに、前作を読まなくても、
十分に楽しめる内容になっていると思います。

ところどころで前作の内容は出てきますが、
理解に苦しむようなことは全くないです。

内輪ネタに鼻白む…
ようなことはないです。

むしろ、逆に『誰か』を
読みたくなるかも知れません。


あ、一つだけ。

“シーナちゃん”については、
気になるかも。

読み出して程なく、前作の内容についても
部分的に思い出したのですが、

…シーナちゃんがいないことが
なんか寂しく感じた次第です。


↑内容的な話ではなく、
好きなキャラクターだったので。


もとい、脇道それてばかりですが(苦笑)。

宮部みゆきさんらしい軽妙な語り口と
ストーリー展開で気づけば、
世界に惹き込まれてしまう作品だと思います。

とはいえ、軽妙なステップの一方で、
「幸せ」についてとか、

「社会の病み(⇔闇)」

について、何かしら感じさせる
ことのある作品です。



宮部みゆき[2009]『名もなき毒』光文社、カッパ・ノベルス。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ スポンサーリンク
★ カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
★ 【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]
  naohito

[Blogタイトル]
  映画の話、本の話。

[今、見てる人]


[カウンター]


[忍者サイトマスター]
★ スポンサーリンク
★ スポンサーリンク


★ バーコード
★ 【Link】
★ ブログ内検索
★ 最新CM
[10/18 かわ]
[09/13 マルコ]
★ スポンサーリンク


Copyright (c)映画の話、本の話。 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]