忍者ブログ
ぼそっと。映画の話、本の話。
<< 05  2017/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    07 >>
[95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


安部公房さんの作品を読みました。


文学史に残る著名な作品なので、
どういう風に感想を書けばいいのか…

難しいですが(苦笑)。

まずは「まさしく文学的だなぁ」って、
そんな底の浅い感じの印象を受けました。

でも、間違いなく文学的な薫りを
濃厚に漂わす作品だと思います。


まぁ近代日本文学史にその名を残す
作品ですから、何をいわんや…ですけど。


意に反して、砂に囲まれた家に監禁されてしまった
男の心の変遷を描いていくことが、
この小説の要点だと思います。

私小説ではないですが、その要素を
多分に含んでいる作品だと思います。


男の理不尽な思いや焦燥、怒り、
希望、諦観めいた気持ち、

気持ちに反して、順応してしまう性だったり…

主人公である男の心の移り変わりが、
冷酷なほどに見事に描かれています。

非日常的な状況に追い込まれた
男の心の変遷ですが、不思議と共感を
覚える瞬間があったりします。

ただし、ネガティブな共感ですけど。


心の一部をざっくりと切り取られる
ような気分を数度、味わいました。


難を言えば、情景が浮かびづらいことです。

非日常的な空間が舞台なのですが、
その舞台の情景が今イチ、浮かびづらいです。

個々の文章の表現力は十分なのですが、
全体としての情景がぼやけるのです。

小説の舞台設定にリアリティが乏しいのに、
それを十分に補足するほどの必要な描写が
なされていない気がしました。

ずーっと目覚めの悪い夢の中に
いるような気分にさせられるのです。


なので、読んでいて疲れます。

ただ、それがこの小説の禍々しさを
惹き立てているとも評価できるのですが。


そんな「文学」を感じた作品でした。



安部公房[1956]『砂の女』新潮社、新潮文庫。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ スポンサーリンク
★ カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
★ 【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]
  naohito

[Blogタイトル]
  映画の話、本の話。

[今、見てる人]


[カウンター]


[忍者サイトマスター]
★ スポンサーリンク
★ スポンサーリンク


★ バーコード
★ 【Link】
★ ブログ内検索
★ 最新CM
[10/18 かわ]
[09/13 マルコ]
★ スポンサーリンク


Copyright (c)映画の話、本の話。 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]