忍者ブログ
ぼそっと。映画の話、本の話。
<< 02  2017/03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    04 >>
[23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

主人公のヘヨンのもとに、
デイジーの花が贈られてくるときに発せられる…

“Flowers”

というかけ声が印象的だった。
幸せを感じさせる声だなぁ…と。


映画は、そのヘヨンと二人の男との
三角関係をめぐる話。
デイジーの花がヘヨンとその運命の人を結ぶ糸になっている…
というお話です。

ラブ・ストーリーです。
なんだけど、ヘヨンを愛する二人の男が
刑事と暗殺者ということもあって、
サスペンス、あるいはハードボイルドといえる
設定も組み込まれている映画です。

劇的(過ぎる!?)なストーリー展開や
瀟洒な感じのする映像など、
最近の韓国映画の王道っぽい感じのする韓国映画でした。



★★★☆☆(3)~( ̄ω ̄ゞニトオウモノハ…



個人的な感想をもう少し。。

映像をはじめ、演出、キャスト、ストーリー、
あるいはBGMで流れるクラシックであったりと、
魅力的な要素が、多々組み込まれていて、
それぞれのシーン毎には、
興味を感じることも多かったです。

なんだけど…

映画全体としては、あれもこれも…と、
てんこ盛りにしすぎた感じがしました。
欲張りすぎ…かなと。

一つの映画の中に、
二つ、三つの世界が同居しているみたいで、
あっちいったり、こっちいったりという感じ。

そのせいか、映画の軸が定まらないからか、
のめり込むことができませんでした。。



まぁ、、そう言っても…
久しぶりの映画@映画館ということもあり、
また、ヘヨン役のチョン・ジヒョンさんが相変わらず可愛かった!!
という影響も(多々w)ありで、
とりあえず満足はした♪感じがしましたv



『デイジー』
監督:アンドリュー・ラウ、脚本:クァク・ジェヨン、
出演:チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ、他。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
DAISY【韓国映画】
DAISY(2006年) 見ました。 原題:デイジー 데이지 邦題:DAISY デイジー <超概略のあらすじ> 1人の女性を同...
URL 2008/03/09(Sun)12:34:45
★ スポンサーリンク
★ カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
★ 【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]
  naohito

[Blogタイトル]
  映画の話、本の話。

[今、見てる人]


[カウンター]


[忍者サイトマスター]
★ スポンサーリンク
★ スポンサーリンク


★ バーコード
★ 【Link】
★ ブログ内検索
★ 最新CM
[10/18 かわ]
[09/13 マルコ]
★ スポンサーリンク


Copyright (c)映画の話、本の話。 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]