忍者ブログ
ぼそっと。映画の話、本の話。
<< 03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
[26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2003年に公開された『トランスポーター』。
それほど、大々的にhit☆した作品ではなかったけど、
おいらは、けっこう好きでした♪


その魅力はなんと言っても、

“ド派手なカー・チェイスを筆頭としたアクションっ!!”

これでもか!!ってくらいのスポーツ・カー
と、マッチョな男たちが闘うアクションは、
超~っカッチョイイっす♪


で、本作はその第2弾ッ!!

1.契約厳守
2.名前は聞かない
3.依頼品は開けない

そして、「ルール4 守れない約束はしない」。
前作で、そんな(ある意味…)高倉健的なwポリシーを披露した、
プロの“運び屋(=トランスポーター)”⇒フランク・マーティン(ジェーソン・ステイサム)。

本作では、彼はそんな過激な仕事の第一線から退き、
マイアミに移住していた。
今の彼の仕事は、リッチな家の子供(ジャック)の送迎をする運転手。
ただ彼は、そんな生活に、
昔とは違う喜び、そして、幸せを感じていた。

しかし、事件は起こってしまう。
ジャックが誘拐事件に巻き込まれてしまう。

ジャックに「必ず守る」という約束をしたフランク。
自分のプロとしてのポリシーを守るため、
そして、ジャックに誓ったルールを守るべくフランクの激闘が始まる…
しかし、ジャックの誘拐事件は、
さらなる様相を見せ始める。


★★★☆☆(3)~(★ω☆)悪クハナイケド。前作ノ方ガ…ナンテ思ッテシマウ





EURO CORP.らしさ。
つまり、カー・アクションを初めとする、
CGに全面的に頼らないアクション。
例えるなら、ジャッキー・チェン風の…
辺りにあるもの全て活用&これぞッ!!身体が資本系アクション♪
なんかは、前作同様の魅力が詰まってます。

AUDI(アウディ)のスタイリシュなボディやその疾走感。

そして、出演者のビルド・アップされた肉体(ボディ)…
特にケイト・ノタ(ローラ役)は、sexyDynamite!!です♪

その辺も、相変わらずな魅力を放ってます。

さらには、grooveなmusicは、
前作同様、魅力満点です♪
サントラ、欲しい♪なんて思う\(o^∀^o)/


あっという間に(ま、実際に尺も短いのだけど…)
時間が過ぎてしまいます…。


ただ、前作の方が…
って感じてしまうのも否めないのも事実。
ちょっとやり過ぎたかな、無理し過ぎかな…
という感じします。

ま、もともと脚本なんてどうでもいい感じの、
アクションの見本市みたいな映画だし…
そんな感じで観るならば(おいらは、もちろんそのつもりv)
十二分に楽しめる作品だと思います♪



『トランス・ポーター 2』
監督:ルイ・レテリエ、製作&脚本:リュック・ベッソン、アクション監督:コーリー・ユン、
出演:ジェーソン・ステイサム、アンバー・ヴァレッタ、アレッサンドロ・ガムマン、ケイト・ノタ、etc。




>>DMMでも『トランスポーター』をレンタルできます!!
>>DMM DVD&CD レンタル




[サントラ]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ スポンサーリンク
★ カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
★ 【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]
  naohito

[Blogタイトル]
  映画の話、本の話。

[今、見てる人]


[カウンター]


[忍者サイトマスター]
★ スポンサーリンク
★ スポンサーリンク


★ バーコード
★ 【Link】
★ ブログ内検索
★ 最新CM
[10/18 かわ]
[09/13 マルコ]
★ スポンサーリンク


Copyright (c)映画の話、本の話。 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]