忍者ブログ
ぼそっと。映画の話、本の話。
<< 05  2017/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    07 >>
[31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ご多分に漏れず、自分にとっても、
早く観たいなぁ、と期待も大きかった今夏の話題作。

…残念ながら、期待通りとはなりませんでしたが↓↓


さて、あらすじ。

西の果てに棲み、本来、人間の世界には現れない龍が、
突如、人間の世界の空を飛翔する。
そして、それに呼応するかのように、作物は枯れ、家畜は倒れ、
巷には、病が流行る。

世界の均衡がくずれつつあった。

大賢者のゲドは、病の源を知るべく旅を続けていた。
旅の中途、ゲドは闇におびえる少年・アレンと出会う。

旅路を共にしたゲドとアレンは、都城ホートタウンに立ち寄るが、
そこは、表向きの活気を呈する様相とは裏腹に、
人身売買が横行し、麻薬がはびこり、街は、病んでいた…


★★▲☆☆(2.5)~( ̄~ ̄)感情移入デキマセヌ




物語の下地となっている倫理観(死生観!?)には、
魅力を感じるところがあります。

哲学ちっくな匂いを感じます。

ただ、それを表に出しすぎ、
そして、セリフに込めすぎている感があり、
なんだか重苦しかったです。

自然と感情移入できる登場人物がいなかったのも、
そんな重苦しさを感じた理由の一つだと思います。

生真面目過ぎる…そんな印象を持ちました。
ジブリ映画特有のほっと息のつける場所がもっと欲しかったなぁ、と。


それと、これは良い悪いということではないのですが、
同じジブリの作品でも、
例え、キャラクターや景色の画風が似ていても、
監督が違うと、こんなにも映画の雰囲気が変わるのだなぁ…
なんてことを感じました。

こういう表情って、宮崎駿監督だったないだろうなぁ…
こんなカット割りもないだろうなぁ…とかとか。

そういう意味では、かなり興味深かったです。


主題歌は、耳に残ります。
きっと心に染み入ります。



『ゲド戦記』
監督・脚本;宮崎吾郎、プロデューサー;鈴木敏夫、
原作;アーシュラ・K.ル=グウィン、
声・歌;手嶌葵、声;岡田准一、菅原文太、他。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ スポンサーリンク
★ カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
★ 【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]
  naohito

[Blogタイトル]
  映画の話、本の話。

[今、見てる人]


[カウンター]


[忍者サイトマスター]
★ スポンサーリンク
★ スポンサーリンク


★ バーコード
★ 【Link】
★ ブログ内検索
★ 最新CM
[10/18 かわ]
[09/13 マルコ]
★ スポンサーリンク


Copyright (c)映画の話、本の話。 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]