忍者ブログ
ぼそっと。映画の話、本の話。
<< 07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    09 >>
[33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先週末に観たので、封切(7月22日公開)られてから
随分、経っているのですが、
8割方の客席が埋るほど、人が入ってました。驚。

けっこう人気のある作品みたいです。

恋愛映画だから、カップルが多いのは、
ある程度、想定内だったのですが…
それ以外でも、女のお客さんが多々多々。

男子独りでぶら~りな感じのおいらは、
ちょっと場違いな感じが漂うくらいでした(・ω・;A


さて、あらすじ。

美大に通う、“美大生っぽくない美大生”竹本は、
ある日、才能豊かな画を描く“はぐ(はぐみ)”と出逢う。

「恋に落ちる瞬間を初めて見てしまった」

はぐは、竹本の通う美大に入学する。

同じ時期、稀有の才能を持つ美大生ながら、
行方知らずの放浪中であった森田が大学に帰ってくる。

その森田は、はぐの才能に魅了され、
いつしか、惹かれていく。

そして、はぐ、竹本や森田と同じ美大生で、
それぞれ、お互いに仲の良い、
真山と山田あゆみの一途な思いも交錯し、
5人の思いは深まっていく…


★★★☆☆(3)~(⌒Q⌒)恋ニ恋シテェ♪




“恋っていいなぁ…”
そんなこっぱずかしい思いを抱く(…はず!?の)映画。

ってつまり、自分がそう思ったのだけど(・_・;ゞ


ただ、全体的に作りは、かなり軽いというか…むしろ、チープ。

表現が悪くなるけど、
流行の俳優と女優さんを配したことが一番の話題で、
内容や演技については、二の次、あるいは、
そもそも、そんなこと全くどうでいいような…
そんな“アイドル映画”的な一面も感じられます。

と言っても、出演しているのは、流行の“アイドル”というより、
演技派実力派(…だと、自分は思う)
俳優さん&女優さんが多いのだけど。

それに、良くも悪くも、そんな一面があるからこそ、
ピュアな感じや甘酸っぱい感じが漂うのかな…
なんて、思ったりもします。



もっとぶっちゃけて言うと、
蒼井優さんや伊勢谷友介さん他は、良いんだけど…
櫻井翔くんがミスマッチだと感じました。
演技力云々だけでなく、(というかそれ以前に)キャラクター的に、
周りの雰囲気から“浮いてる(ズレてる)”気がしました。
…ファンの人、ごめんなさいm(_ _)m



『ハチミツとクローバー』
監督・脚本;高田雅博、原作;羽海野チカ、
出演;櫻井翔、蒼井優、伊勢谷友介、
       加瀬亮、関めぐみ、西田尚美、堺雅人、他。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ スポンサーリンク
★ カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
★ 【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]
  naohito

[Blogタイトル]
  映画の話、本の話。

[今、見てる人]


[カウンター]


[忍者サイトマスター]
★ スポンサーリンク
★ スポンサーリンク


★ バーコード
★ 【Link】
★ ブログ内検索
★ 最新CM
[10/18 かわ]
[09/13 マルコ]
★ スポンサーリンク


Copyright (c)映画の話、本の話。 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]