忍者ブログ
ぼそっと。映画の話、本の話。
<< 07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    09 >>
[28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ほんのりと心が暖かくなったかな…
と感じました。

とりあえず、満足はできる作品だと思います。


まずは、ストーリーを簡単に。

11歳の少年・ワタルは、近所の工事現場で、
空へと伸びる不思議な階段を見つける。
それは、現世とは違うもう一つの世界、
「幻想(ヴィジョン)」へと通じる扉だった。

その世界(ヴィジョン)では、
5つの宝石をそろえると、一つだけ願い事が叶うという。
ただし、失敗したら二度と、
現世に、戻ってはこられない…。

自分の運命を、なんとしても変えたい、と
強く願うワタルは、勇気を振り絞り、その扉を開けて、
「幻想(ヴィジョン)」の世界に足を踏み入れたのだが…。



★★▲☆☆(2.5)…ヾ(⌒ー⌒*)ホドホドニ満足…



周りのお客さんの感想も、
おいらが盗み聞きしたかぎりでは…
「うん、よかったよね。」
「幸せな感じでいいね。」
…など、
肯定的なものが多かったです♪



ただ、原作を読んでいる人には、
内容をちょっと詰め込みすぎた感が残るかも。

まぁ…単行本で、かなり分厚いッ!!
しかもォッ!!上・下二冊なんで、
それは、しょうがない気もしますが。

>>ブレイブ・ストーリー(上)
>>ブレイブ・ストーリー(下)


~文庫化されました~
>>ブレイブ・ストーリー (上)
>>ブレイブ・ストーリー (中)
>>ブレイブ・ストーリー (下)


むしろ、自分的には、
映像の方に今ヒトツな感じを受けました。
何!?って…CGの用い方。

アニメにせよ、実写にせよ、
CGを駆使すること自体は、表現の幅が広がる
(それこそ、無限にッ♪)と思うので、
それこそ、ガンガン☆いって欲しいと思うのですが…
映像の全体的な統一感って大事だと思うのです。

そんな自分にとって、この作品。
背景や画像のダイナミックな動き方など、
とっても綺麗だし、細やかだったりで、
凄いなぁ…とは思います。

ただ…
キャラクターの画の素朴さと、それらがミスマッチな感じがして、
違和感を感じるところが多かったです。

なんだか、“ズレてる”感じを受けるシーンが多かったです。

そこが、自分としては残念でした。







原作は、宮部みゆきさんの作品。
発売直後くらいに読んでました。
RPGの世界に入り込んだような作品。
読了後、しばらくの期間、ゲームしたくなって、
うずうずしていたことを憶えています。

その作品を映画化。
好きな作品を映画化するという噂を
耳にすると、なんだか無意識に身構えてしまうのですが…

この作品は、“アニメ”ってことを聞いたとき、
反射的に…「いいッ!!」って思いました。

ビビッ!!ときた感じですw
…って古い…ね(ー∀ー;A

とりあえず、
アニメなら、原作の雰囲気に負けないかも…
なんて感じたりした次第です。

そんなんで、アニメにしたということで、
自分的には、とりあえずの及第点だったりもしました。



『ブレイブ ストーリー BRAVE STORY』
監督;千明孝一、製作総指揮;亀山千広、
原作;宮部みゆき、
声;松たか子、大泉洋、常盤貴子、ウエンツ瑛士、斉藤十和、他。

>>公式HP
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ スポンサーリンク
★ カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
★ 【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]
  naohito

[Blogタイトル]
  映画の話、本の話。

[今、見てる人]


[カウンター]


[忍者サイトマスター]
★ スポンサーリンク
★ スポンサーリンク


★ バーコード
★ 【Link】
★ ブログ内検索
★ 最新CM
[10/18 かわ]
[09/13 マルコ]
★ スポンサーリンク


Copyright (c)映画の話、本の話。 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]