忍者ブログ
ぼそっと。映画の話、本の話。
<< 03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
[38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

面白かったw&楽しかった♪

そして、ほんのりと…柔らかいだし汁の薫りのように、
心に沁み入る映画でした。


帰りにずずーっと、うどんが食べたくなりました…。


あらすじ。

「ここには夢なんかない…うどんしかない!!」
と放言し、“Big”になることを夢見て、
単身N.Y.に渡った、うどん屋の息子・香助。

しかし、現実は、それほど甘くなく…香助は、
借金を抱えて、郷里の讃岐に戻ってきた。

帰郷したものの、頑固一徹の父と反目する香助。

とりあえず、当座の生活をしのぐため、香助は、
親友・庄介の紹介で、零細の地方出版社に勤める。

その地方出版社のタウン誌で、香助と編集部員の恭子が
手がけた「うどん」のコラムは、全国中に
空前のうどんブームを引き起こす。

そして、うどんブームで、それなりの成功をおさめた香助は、
反目していた父と、正直に向かい合うことを決意するのだが…



★★★★☆(4)…(o^o^o)笑ッテ(>_<)キュン。




本広監督with「踊る大捜査線」のスタッフ、らしく…
笑わしてくれます♪楽しい時間を提供してくれます。

“that's エンターテイメント!!”

でも、それでいて、心をやんわりと包む映画です。


素朴で、わかりやすい内容の映画。
“あ~だ、こうだ”と考えずに楽しめました。


だけど、ふと気づけば、この映画…。

そんな素朴な感慨が残る一方、
アニメの要素やドキュメンタリー的な要素もあったりで、
色々な発見もあったりします。


最後に、もう一つ。
本編で、主人公の香助は、幾度か“奇跡”を起こします。

…だけど。

彼が起こした“本当の奇跡”って何だろう…。

そんなことを考えてみると、
さらに味わい深い「UDON」になるはずです♪



『UDON』
監督:本広克行、製作:亀山千広、
出演:ユースケ・サンタマリア、小西真奈美、トータス松本、
       鈴木京香、小日向文世、木場勝己、他。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ スポンサーリンク
★ カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
★ 【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]
  naohito

[Blogタイトル]
  映画の話、本の話。

[今、見てる人]


[カウンター]


[忍者サイトマスター]
★ スポンサーリンク
★ スポンサーリンク


★ バーコード
★ 【Link】
★ ブログ内検索
★ 最新CM
[10/18 かわ]
[09/13 マルコ]
★ スポンサーリンク


Copyright (c)映画の話、本の話。 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]