忍者ブログ
ぼそっと。映画の話、本の話。
<< 10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一部の(特殊な!?)人の(密かな!?)趣味から脱して、
すっかりと一般的な市民権を得てきた“ダンス”。

むしろ最近は、ブームの様相も…。

でも、ダンサーってどうなの??
どんな人なの??将来って??

この映画は、そんな疑問に
ちょっとだけ答えてくれるのでは。

ダンスって楽しんだよー!!
っていう気持ちが伝わってくる
青春スポ根映画です。



あらすじ。

人気ヴォーカリストのバックダンサーを務める
女の子4人組のユニット、その名も“バックダンサーズ!”。

人気絶頂の折、ヴォーカリストが電撃の引退宣言をしてしまう。

そして、ヴォーカリストの突然の引退によって、“バックダンサーズ”も
華やか舞台から、放り出されてしまう。

“あがり”の描けない将来への不安から、
解散の危機を迎える“バックダンサーズ!”。

彼女たちを繋ぐのは、
頼りない新人マネージャーと、“ダンス”だけだった…。


★★★▲☆(3.5)…ヾ(`▲´)/青春“スポ根”ダンス映画ナノダ



ブームも影響あるのか…
映画でも、ダンスを取り込んだ
作品が増えたような気がします。

嬉しきことかな。

ただ、舞台演出等でも、音楽&照明に加えて、
ダンスは頻繁に、そして、昔から
取り入れられているわけだし、
映画でも当然…という気もします。

その一方で、ダンスは“添え物”的な
扱いをされてしまったり…
一見、華やかだけど、ダンサーが職業として、
将来(あがり)を描けないのも事実でしょう。

くさくさ+アイドル映画的な演出の一方で、
そんなダンサーの不安や思いが伝わってくる気もしました。


100時間を超えるレッスンをこなしたらしい
“バックダンサーズ!”のダンスは、
確かにこの映画の見所の一つ。

だけど…何より、
“バックダンサーズ!”のバックで踊ってるダンサーさんたち、
本当の“バックダンサーズ!”さんたちのダンスが…

カッコ好かった!!



『バックダンサーズ!』
監督・脚本・音楽P;永山耕三、ダンス監修;松澤いずみ(IZUMI)、
出演;平山あや、hiro、ソニン、サエコ、田中圭、陣内孝則、他。


>>公式HP
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ スポンサーリンク
★ カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
★ 【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]
  naohito

[Blogタイトル]
  映画の話、本の話。

[今、見てる人]


[カウンター]


[忍者サイトマスター]
★ スポンサーリンク
★ スポンサーリンク


★ バーコード
★ 【Link】
★ ブログ内検索
★ 最新CM
[10/18 かわ]
[09/13 マルコ]
★ スポンサーリンク


Copyright (c)映画の話、本の話。 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]