忍者ブログ
ぼそっと。映画の話、本の話。
<< 10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

好きになってはいけない人を
好きになってしまった…

幸せな結末を期待できないことなんて、
誰よりも自分が一番よくわかっている。
だけど、好きで好きで仕方ない…


、、あ、壊れたわけじゃないっす(@ω@;A

そんな恋愛映画では、
定番的なフレーズが全く陳腐に感じない恋愛映画です。

二人の間に障害があれば、あるほど…
そして、その障害が高ければ、高いほどに…
それは、恋愛映画が盛り上がるための
一つの大きな要素だと思います。

それは、古の“ロミオとジュリエット”の時代から、
記憶に新しいとこだと、“タイタニック”にいたるまで…
貫かれている要素と思います。

加えて言えば。
実恋愛でもそういう側面もあり…
だったりだと思うけど●-。-●ジブンホレテマスカラ…。


もとい。
好きになった人は…自分と同じ男性。
そして、その彼と過ごした忘れることのできない記憶。

ん??…アレレ(・_・;???…

と思いつつも、それがこの映画ッ!!

そうなのです。
“男同士の固い友情”ならぬ、
“深い愛情”を描いた映画なのです!!

なんだホモ映画かよ…って言うことなかれ。
これがけっこうバリバリの恋愛映画だったりするのです。
…むしろ!!恋愛そのもの、という感さえあるのです。

当然過ぎる前提である、男と女の愛情が交差するだけの
そこら辺にある“フツウ”の恋愛映画よりも濃厚に、
男と男の愛情が交錯する分、さらに深みを増す
恋愛映画に仕上がっていると思うのです。


相手のことを思って、思い過ぎて…苦しい。
そんな気持ちに胸が締めつけられてしまう作品です。



★★★★▲(4.5)~(>ω<)苦シイホドノ想イ…届ケ貴方ヘ…




出演している俳優さん&女優さんの演技力が秀逸です(^∀^)b

ミシェル・ウィリアムズの役柄(アルマ役)と演技力が
とってもいい感じ(^o^)b
映画を味わい深いものにしている、と思います。


そして、怪しい魅力を漂わすジェイク・ギレンホール。
その彼を見つめる…
ヒース・レンジャーの眼差しがとっても印象的でした。

同姓だからといって何か特別なのではなく、
異性の恋人に注ぐのと変わらない…
眼差しが、優しく暖かいのです。


鑑賞後、、
タイトルであるブロークバック・マウンテン(原題:BROKEBACK MOUNTAIN)
の意味を噛み締めてみてください。是非。。



『ブロークバック・マウンテン BROKEBACK MOUNTAIN』
Directed by Ang Lee, Screenplay by and Excutive Producer Larry McMurtry,
Casts are Heath Ledger, Jake Gyllenhaal, Michelle Williams, Ame Hathaway, etc
(監督:アン・リー、脚本&製作総指揮:ラリー・マクマートリー、
出演:ヒース・レンジャー、ジャエイク・ギレンホール、ミシェル・ウィリアムズ、アン・ハサウェイ、他)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ スポンサーリンク
★ カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
★ 【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]
  naohito

[Blogタイトル]
  映画の話、本の話。

[今、見てる人]


[カウンター]


[忍者サイトマスター]
★ スポンサーリンク
★ スポンサーリンク


★ バーコード
★ 【Link】
★ ブログ内検索
★ 最新CM
[10/18 かわ]
[09/13 マルコ]
★ スポンサーリンク


Copyright (c)映画の話、本の話。 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]