忍者ブログ
ぼそっと。映画の話、本の話。
<< 07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    09 >>
[18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

山口二郎[2005]『ブレア時代のイギリス』岩波新書


 1997年のイギリス総選挙において、 地滑り的な大勝を収め、 今日に続く労働党・ブレア政権。 その労働党・ブレア政権下における イギリスの社会状況を、政治経済分野での動向を中心に、 端的だけど、充実した内容で まとめた良著だと思う。

 特に、政治面における記述が、興味深かったです。

 選挙制度そのものについて、つまり、 小選挙区制の特徴など、改めて考えさせらるところが多々あった。
 やっぱり、政治の根幹は選挙だな…なんてことを思ったりさせられました。
 そして、選挙を伝えるメディアの姿勢。 これの重要性についても、改めて。
 それと、印象深かったのは、ブレアに象徴される「政治の人格化」という分析ついて。 メディア時代における政治の分析として、これは実に的を得ていると思いました。
 それは、一体、どういうこと!?と思った人は、是非、読んでみてください(笑)。

 さて、本著は、森嶋通夫[1988]『サッチャー時代のイギリス』岩波新書、と併せて読むと、 近年のイギリスの政治経済をより一層、 興味深く読み解くことができると思われます。 著者自身も、森嶋通夫[1988]の続編たることを意識して、 本書を上梓したことを、あとがきで述べています。
 但し、(あくまで、以下は完全に私見だけど…)森嶋通夫[1988]が経済政策という視点から主に論じているのに対し、 本著は政治面からの切り口が中心となっていると思われます。
 両氏の研究分野の違いということを考えれば、当然といえば当然のことだけど。





【関連文献】既読&新書&直ぐ手許にあったもの…

森嶋通夫[1988]『サッチャー時代のイギリス』岩波新書
船場正富[1998]『ブレアのイギリス 福祉のニューディールと新産業主義』PHP新書。
山口二郎[1998]『イギリスの政治 日本の政治』岩波新書。


 …今回はちょっと堅気な内容でした。以上(^o^)ノシ








>>紀伊國屋書店 BookWeb
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ スポンサーリンク
★ カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
★ 【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]
  naohito

[Blogタイトル]
  映画の話、本の話。

[今、見てる人]


[カウンター]


[忍者サイトマスター]
★ スポンサーリンク
★ スポンサーリンク


★ バーコード
★ 【Link】
★ ブログ内検索
★ 最新CM
[10/18 かわ]
[09/13 マルコ]
★ スポンサーリンク


Copyright (c)映画の話、本の話。 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]