忍者ブログ
ぼそっと。映画の話、本の話。
<< 10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちょっと複雑に作り過ぎかな、、
というのが、鑑賞後の率直な印象だった。
ストーリーを理解しながら、追っていくが精一杯という状態で、
何かしらの感情を抱くような“間”というか、
糊代のような余裕がなかった↓

…おいらのスペックが低いせいかも知れないけど。。o(>_<)oアゥチ。。。


中東の石油利権をめぐって、4つの話が同時進行で進んでいき、
微妙に、そのそれぞれが絡み合っていく。。。

というのが作品の主な筋なんだけど。

4つの話が同時進行することに加えて、
利権、陰謀や思惑が複雑に交差して、絡まりあって、
それだけでも、迷宮入りしそうなくらい…。。。
それに、作品全体が観る人に、
あまり優しくない筋立てになっていて、、、かなり難解。。
よく言えば、作り込まれた脚本ということになるのだろうけども…
ちと厳しい。。。



[“星”評価]
★★☆☆☆(2)~(-_-;…ゥ―ン…




わかりやすい作品がいい、なんて一概には思わないし、、
むしろ、説明が過ぎる作品は、うるさく感じて好きでない。。。

だけど、この作品に関しては、設定が複雑なのだから、
もうちょっと、分かりやすさを加味しないと、、厳しいかな、と。
せめて、誰がどのような立場にいるのかくらいは、
作品の最初のほうで、難なく把握できるようにしないと、
作品全体への深い理解も生まれないんじゃないかな…
と、思った次第です。

2、3回と、繰り返して見れば見るほど、
作品に対する理解も深まっていくだろうし、
きっと、作品への思い入れも強くなるのだろうけど、
最初からそれを期待するような作り、、ってどうかなぁ、って思う。

映画を観る前に、解説(あるいは誰かの感想)を読んだりしてから、
作品を鑑賞するのは、個人的にあまりオススメしないのだけど、
 (ぱっと観て、感じたことが大事かなぁ…という一般的な感覚。
    まぁ、完全に先入観を排除するなんて無理ダケド。。)
この作品については、少し情報収集をしてから観たほうがイイかな、、と(・_・;ゞ
公式サイトの作品情報など、をサーフィンしてみるとかで、
せめて主な登場人物の立場・職責くらいは、知ってた方がよいと思われます。。

ちなみに、、タイトルの「シリアナ」は、CIA用語。
イラン、イラク、シリアの三国が中東の再建を目指して、
一つの国家になるという事態を想定した、CIAのコード・ネーム。
CIA(アメリカ)として、仮想国としての念頭においている概念、、

らしいです、蛇の足。。。


『シリアナ SYRIANA』
監督・脚本;スティーブン・ギャガン、原作;ロバート・ベア、
出演;ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、ジェフリー・ライト、
     マザール・ムニール、アレクサンダー・シディグ、他。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ スポンサーリンク
★ カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
★ 【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]
  naohito

[Blogタイトル]
  映画の話、本の話。

[今、見てる人]


[カウンター]


[忍者サイトマスター]
★ スポンサーリンク
★ スポンサーリンク


★ バーコード
★ 【Link】
★ ブログ内検索
★ 最新CM
[10/18 かわ]
[09/13 マルコ]
★ スポンサーリンク


Copyright (c)映画の話、本の話。 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]