忍者ブログ
ぼそっと。映画の話、本の話。
<< 03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
[76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


中日ドラゴンズの現役投手、
山本昌さん著作の本。

昨年かな、買って読んだのを
再読しました。

現役プロ野球選手による著作らしく(!?)
ベースボール・マガジン社からの出版。

近年の新書ブームな時代の新書らしく、
気軽に読めるタイプの新書だと思います。


内容は投手・山本昌選手の半生が
語られています。

自称「“プロにギリギリかからない”程度」(P.14)
の投手だった山本昌さんが、どのようにして
プロ野球の世界で生き抜いてきたのか。

むしろ生き抜くどころか…

なぜ200勝を超えるほどの勝ち星をあげるほどに、
大成することができたのか。

現在の状況に至るまで、過去を振り返りながら、
野球に対する、あるいは人生に対する
山本昌選手の考え方や姿勢、取り組み方が
語られていきます。


上で“気軽に”と書きましたが、
むしろ「率直に」と形容する方が
あっているのかも知れないです。

「率直に」語られているからこそ、
山本昌さんの思いや考え方が
まっすぐに心に飛び込んでくる
気がしました。


読了後、清々しい気分になれますし、
「頑張ろッ!!」っていう気分に
させてくれる本だと思います。


再読する気になったのも、
その印象が残っていたからです。



ちなみに…

山本昌投手は、今シーズンは
この夏から1軍に合流し、
すでに3勝をあげています。

(2010.09.02.現在)


昌投手は、自分が小学生の頃から、
プロ野球選手として活躍していた
自分にとって“ヒーロー”の1人です。

少しでも長く現役で活躍を
続けて欲しいです。

応援してますッ!!



山本昌[2009]『133キロ怪速球』
ベースボール・マガジン社、
ベースボール・マガジン新書。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ スポンサーリンク
★ カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
★ 【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]
  naohito

[Blogタイトル]
  映画の話、本の話。

[今、見てる人]


[カウンター]


[忍者サイトマスター]
★ スポンサーリンク
★ スポンサーリンク


★ バーコード
★ 【Link】
★ ブログ内検索
★ 最新CM
[10/18 かわ]
[09/13 マルコ]
★ スポンサーリンク


Copyright (c)映画の話、本の話。 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]