忍者ブログ
ぼそっと。映画の話、本の話。
<< 07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    09 >>
[72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


…を読みました。


なかなか厳しいタイトル。

ジャンルとしては、“日本文化論”
という所に収まると思います。

正直、文化論とかのジャンル、
あまり好きじゃないです。

なんか情緒的というか、
論理的な厳密さに乏しいものが多いから。

ただ、この本は論理的な甘さは
あちらこちはにあるものの、

「面白いなぁ…」と思うところが
ところどころにありました。


もとい。

タイトルから連想されるように、
そこそこ堅い内容です。

ですが、堅い話題を相当に砕いて
論じているので、読み辛いってことは
ないと思います。

論文というレベルではなく、
講演会での話をまとめたもの

といった程の内容になってます。


そして、冒頭で著者自身が述べているように、
あちらこちらに論点が飛んでいます。

食い散らかしてる感じ。

また、厳密な議論が展開されている
わけでもないので、

反論しようと思えば、
たぶん、いくらでもできます。

ただ、それぞれの各論において、
論旨はしっかりとしていますし、
各視点に面白さを幾つか感じました。

考えるとっかかりとしては
良い本かなぁ、と思いました。


内田樹[2009]『日本辺境論』新潮社、新潮新書。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ スポンサーリンク
★ カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
★ 【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]
  naohito

[Blogタイトル]
  映画の話、本の話。

[今、見てる人]


[カウンター]


[忍者サイトマスター]
★ スポンサーリンク
★ スポンサーリンク


★ バーコード
★ 【Link】
★ ブログ内検索
★ 最新CM
[10/18 かわ]
[09/13 マルコ]
★ スポンサーリンク


Copyright (c)映画の話、本の話。 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]