忍者ブログ
ぼそっと。映画の話、本の話。
<< 03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
[10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

記録的な(!?)ロング・ランとなってる作品デスネ(o^o^o)
ちなみに、おいらが観たのは、、
去年@映画館のことなんだけども。。


もとい、、
昭和を舞台背景とした“コメディw”映画、
というのが、おいらの印象です。
それで、、ちょこっと感動もアリで(TωT)
…涙☆流して…
ナンテwおいらが泣くことなかったけどv。。

まぁ…そんなスタンスで観れば、、
楽しめる作品だと思います。

要は、エンターテイメントな作品♪


今(昨!?)冬、一番の感動作だとか、
昭和ノスタルジーだとか、、
世間では、激賞するコメントが多いけど。。
「感動作」を観るゾーーッ!!…ってノリよりも、
肩の力をふにゃ~と抜いてw
ポップコーン(“王道ッ!!”)を片手に、
(ちなみに、おいらは塩よりキャラメル派v)、、
楽しく時間を過ごしたいなぁ…♪
って感じで、、
銀幕の前に座った方が
楽しめる映画じゃないかなぁ…
なんて思った(^o^*)

作品の時代背景は、、
昭和30年ごろのバリバリ邦画な時代。
だけど、作品の雰囲気は、
ハリウッド系エンターテイメント的な感じw
どことな~く“ポップ”でノリのいい映画だった♪


[総合“星”評価]
★★★☆☆(3)…まぁまぁ程好く(^ω^ゞ





ここからは、、ちょっと。。
…あまのじゃくwで、あしからず。。。

はっきり言ってしまうと…
そんなに絶賛されるほどの作品ではないかなぁ、、
とは、思いました。
ストーリーは陳腐というと言い過ぎダケド、、
特にひねりも、意外性や面白みもないし。。
感動といっても、ここで泣きなさいッ的な作りになってるし。
自分的には、泣ける感じではなかった、なぁ。。
なんか、前にもあった気する…こんなシーンって感じもしたし。

“昭和ノスタルジー”って褒め言葉をどこかで見たけど、
仮に、この作品の主題が
昭和という時代の良さ、悲哀、等こもごもを描く、
ということになるなら、、
今イチな感じです。。
これは、あくまで個人的な趣向の問題もあると思うけど、
劇画チックにしないで、淡々と画をつないでいった方が
昭和の時代の雰囲気は感じられるのだろうなぁ。。と思いました。。。
本作だと、あくまで作り物、、
ジオラマで作られた昭和の風景を眺めてるような感じがして、
時代に居合わせるような…そんな臨場感は感じられなかったかな。
だから、作品のテンションにしては、迫ってくるものがなかった。
主観的な感想だけどもね。。。

まぁ…上でも書いたように
“昭和を舞台背景にしたコメディ”として観賞する分には
何の支障もないんだけどね。。

深く考えたりせず…
(ってことは、おいらの感想の後半は蛇足になるなw…)
楽しく、笑って、観る作品なのでしょう♪


『ALWAYS 三丁目の夕日』
監督・脚本・VFX;山崎 貴、原作;西岸良平、
出演;吉岡秀隆、提真一、小雪、須賀健太、薬師丸ひろ子、
堀北真希、小清水一輝、もたいまさこ、他。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ スポンサーリンク
★ カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
★ 【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]
  naohito

[Blogタイトル]
  映画の話、本の話。

[今、見てる人]


[カウンター]


[忍者サイトマスター]
★ スポンサーリンク
★ スポンサーリンク


★ バーコード
★ 【Link】
★ ブログ内検索
★ 最新CM
[10/18 かわ]
[09/13 マルコ]
★ スポンサーリンク


Copyright (c)映画の話、本の話。 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]