忍者ブログ
ぼそっと。映画の話、本の話。
<< 03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
[54]  [53]  [58]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自分的に嫌いな要素を沢山、
含んだはずの映画なんだけど…

“いい映画だなぁ…これ”
と思ってしまいました。

時代劇というより、武士の時代を背景にした
トレンディー・ドラマ的な恋愛映画という感じ。
そして、それがとっても心地よい印象でした。

山田洋次監督×木村拓哉さん。
いい組み合わせなのかも知れません。

加えて、脇がいい。



あらすじ。

藩主の“お毒見役”を勤める三村新之丞は、
文武両道に秀でていたものの、
禄は三十石ほどの下級武士であった。

役不足なお役目に嫌気を感じつつも、
新之丞は最愛の妻・加世と
先代から仕える中間の徳平を交えた、
つましくも笑いの絶えない生活に幸せを感じていた。

そんなある日、新之丞を悲劇が襲う。
新之丞は、形だけのお役目と化していた“お毒見役”の
膳に供された貝の毒にあたってしまうのであった。

なんとか、一命は取り留めたものの、
光を失ってしまう新之丞。

藩主のため身を挺して、お役目を果たしたはずの
新之丞だったが、光を失ってしまったその生活には、
暗雲が立ち込めていた…。


★★★★▲(4.5)~o(^o^)o“ホッ=3”ト心ガ暖カクナル…



感想~以下、鑑賞後の方がいいかも。


藪から棒な感じで恐縮ですが、自分、
山田洋次監督の作風、あまり好きではないのです。
むしろ…嫌い。特に、近年の作品は。

けっして、食わず嫌い等をしてるわけではなく…
例えば、本作を含む山田洋次×藤沢周平による3部作の
前2作(『たそがれ清兵衛』『隠し剣 鬼の爪』)も、
鑑賞(@映画館)していたり。

その他にも、映画館やDVD/VHSだったり、
あるいはTVだったりで、数知れず山田監督の作品には、
人並みくらいには接していると思います。

もちろん、自分が触れた作品なぞ、そのわずかな一部…
なにせ、数が多すぎる…確かに偉大。

だけど、作風が好きになれない監督サマなのです。
いっつも70~80点前後狙いな感じがしてしまう。
模範解答のような、優等生的な作品ばかり。

きっと好きな人は好きなのだろう…
ってことは十分に理解できるつもりだし、
けっして無関心なわけでもなく。

ただ、多分に個人的な趣向の問題ですが…
いかにも“描かれた空間”という感じの映像表現が
どうしても好きになれないのです。

ですが…。
この作品は、そんな自分にして
“いいじゃん、これ”と思える作品でした。

少なくとも、自分的には、
山田監督作品の中でベストかも…
というようなことも思った次第で。


否、これは山田洋次監督の作品なのではなく、
木村拓哉さんの作品なのかも…。

“主演:木村拓哉>監督:山田洋次”
そんな下克上なことにも、ふと思い至った作品でした。



『武士の一分』
監督・脚本:山田洋次、原作:藤沢周平、
出演:木村拓哉、檀れい、笹野高史、
       小林稔侍、緒方拳、桃井かおり、坂東三津五郎、他。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ スポンサーリンク
★ カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
★ 【Profile】人となり
[管理人/書いてる人]
  naohito

[Blogタイトル]
  映画の話、本の話。

[今、見てる人]


[カウンター]


[忍者サイトマスター]
★ スポンサーリンク
★ スポンサーリンク


★ バーコード
★ 【Link】
★ ブログ内検索
★ 最新CM
[10/18 かわ]
[09/13 マルコ]
★ スポンサーリンク


Copyright (c)映画の話、本の話。 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]